ソーシャル・インパクト・ボンドとは

「ソーシャルインパクトボンド=Social Impact Bond(SIB)」とは2010年にイギリスで始まった民間資金を活用した官民連携による社会課題解決の仕組みであり、行政機関が民間から調達した資金を利用して、民間企業やNPO法人などに公的サービス事業を委託して、その成果に応じて資金提供者に報酬を支払うというモデルです。

これまで行われてきた行政サービスの民間委託・補助事業では、民間事業者やNPOなどのサービス提供に対して、成果の有無に限らず一定の対価を支払っています。
ソーシャル・インパクト・ボンド<出展:日本財団 社会的投資推進室 資料より>

ソーシャル・インパクト・ボンドでは、行政機関が民間から調達した資金を利用して、民間企業やNPO法人などに公的サービス事業を委託し、その成果に応じて資金提供者に報酬を支払います。
ソーシャル・インパクト・ボンド<出展:日本財団 社会的投資推進室 資料より>

行政機関が政策経費を使うことなく、先進的な事業に取り組むことが可能になるため、財政支出の削減や効率的な公共サービスの提供が可能になります。また、複数年度に渡る効果検証を前提としているため、単年度の結果にとらわれずに効果的な事業を実施することができるとして注目されています。

参考サイト:日本財団 社会的投資推進室 資料

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です