サブサハラ・アフリカとは

サブサ・ハラアフリカとは、アフリカのうち、サハラ砂漠より南の地域のことです。サブサハラ・アフリカ<出典:外務省 サブサハラ・アフリカ地域>

サブサハラ・アフリカは、49の多様な国々に約10億人の人口を擁しており、高いポテンシャルを持つ市場と豊富な天然資源により、国際社会の注目を集めています。

その一方で、サブサハラ・アフリカは政情不安や深刻な格差・貧困といった以前からの課題が残るほか、近年はエボラ出血熱の流行などの新たな課題も顕在化しています。

サブサハラ・アフリカの国々が直面している困難を克服し、安定した成長を遂げることは、アフリカのみならず日本を含む国際社会全体の平和と繁栄にとって重要であると考えられます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です